喉歌.com (Nodouta/OKAZAKI Shunsuke blog)
*喉歌(のどうた,Throat-singing,Overtone-singing)トゥバのホーメイ、モンゴルのホーミーなど。 (喉歌(ホーメイ・ホーミー) 演奏・指導 / 岡崎俊介)
7/20(日)〜Oriental Flower Night〜夏の夜の夢
〜Oriental Flower Night〜
夏の夜の夢。倍音、民族楽器のライブと絵画、ベリーダンスにより、
夜の宴に様々な花咲く夢のような一夜に、是非遊びにいらしてください。

7月20日(日)18:00開場 18:20開演(終演予定20:30)
場所:AManTo天然芸術研究所 (AManTo EART LAVOLATRY)

地図

前売り/ご予約 2000円
当日 2500円(15才以下、予約1000円、当日1500円)

お問い合わせ&予約受付 TEL 06-6371-5840(Cafe天人)
            メール nodouta@gmail.com(喉歌)  

<Belly Dancer>
Shadi(シャーディー)

2004年、Mishaalのもとでベリーダンスをはじめる。その後、Shalaに師事。
イベントやレストランなどを中心に活動中。ヨギーであるインド人の夫とともに世界中を旅し、出来る限りナチュラルなライフスタイルをしているオーガニック系ベリーダンサー。

Nouriah(ノーリア)
03年からベリーダンスを始める。
海外放浪旅の経験を生かし、型にとらわれない音楽で踊る。
オリエンタルスタイルをベースに「女性・秘めた美しさ」を表現する踊りを目指す。都内レストラン・イベントで活動中。

Sango(From花族)
日本のみならずエジプトに渡り、ベリーダンスのレッスンを受け、現在、レストラン、各種イベントなどでの活動中。
ベリーダンス以外にバリアージ(バリ舞踊、モダンジャズ、ヨガをミックスしたダンス)やファイヤーパフォーマンスも行なう。
また花族(ca-zoku)なる倍音民族楽器インプロバンドにて踊りを担当。


<Musician>
喉歌/岡崎俊介(From花族)
喉歌(ホーメイ・ホーミー)・口琴・オーバートーンフルート・オーバーダビングによる即興演奏。

トゥバ共和国のホーメイ、モンゴルのホーミーなどの「喉歌」に深く心を打たれ、倍音唱法の探求を始める。“音に導かれ、音楽で繋がる。魅力的な音は人を惹きつける。”そう思いたち、 公演活動を開始する。その中で出会った尊敬すべき多くのアーティスト達とジャンルや・場所・形式という枠に囚われる事なく活動を展開する。笛の音のような高い倍音を響かせメロディーを奏でるスグットと呼ばれる奏法を得意とする。


世界庶民ハナヲ(From花族)
あらゆる国の民族楽器をあやつり、声を聴かせる。
今回はイダキ、タブラ、ウ−ドまたは能管を使用。


加藤吉樹
1987年ギターを始め、ロックをきっかけにファンク、ジャズ、ブラジル音楽など様々な音楽に興味を持ち、吸収する。現在フりーインプロヴィゼーション、
即興音楽を中心に活動中。音楽家以外にもダンサー、画家などとのコラボレーション活動も多い。 2006年のパリ公演でトルコの弦楽器「ウード」に出会い、 ウード奏者としても活動中



池田麻耶
サランギ奏者
天然石売り
人との繋がりを大切に、がモットー

フジサワ ユキオ 京都生まれ。高校の吹奏楽部で初めて打楽器に触れる。
1999年、ドラマーの菅沼孝三氏にドラムを師事。
2002年上京。ディネーシュ・チャンドラ氏の元でタブラを習い始める。
2005年渡印。ベナレスにてマタ・プラサッド・ミシュラ氏の元でタブラの修練を積む。
2007年、土谷氏にタブラを師事
現在、パーカッショニスト・ドラマーとして関西を中心に活動中。

ナカガワ ユウジ
大阪生まれ
1998年 ネパールにて音楽芸能カーストであるガンダルヴァに出会いネパーリサーランギを習い始める。
2001年頃より北インド古典音楽に魅せられ、翌年渡印しベナレスのFaiyaz Ali Khan氏に最初のサーランギの手ほどきを受ける。
2003年 京都在住のバンスリ奏者Carlos Guerra氏に北インド古典音楽を習う。
2004年 世界的に有名なサーランギ奏者であるDhruba Ghosh氏に師事。
現在大阪在住。 

<LivePaint>
菩須彦

七福神「恵比寿」「東京コンテンツマーケット2007 アワード静止画 部門奨励賞」「アジアグラフ2007 CGアート作品 公募展示部門優秀賞」
東京、大阪、フランスでデザインとイラストを提供 する傍ら、30分で巨大キャンバスに龍を中心とした神獣の墨絵を描き上げるライブペインティング をしています。クラブイベントやアートフェス中心に結婚式や誕生会の縁起をかついだ催し物としても、ライブペインティングをしています。


<Guest Dancer>
宴合-ウタゲアワセ- (Yu×Meg)

風の運ぶままに異種の種をも受け入れ、 ひとつの木に色とりどりの花をつける桜。 それが「宴合」。 京都のストリートにて出会ったYuとMegは、 その絆をしっかりと結び、 時の運ぶままに2人に訪れる「音」と「世界」を吸収し、
それをまた「身体」と「精神」によって表現し続ける・・・

and More・・・・


喉歌